釜山の絶景カフェ『Choryang1941』で贅沢ランチタイム

釜山の絶景カフェ『Choryang1941』で贅沢ランチタイム

りゅりゅ りゅりゅ |  釜山

釜山といえば海…はもちろんですが、今回は、緑豊かな丘に佇む絶景カフェ『Choryang824』をご紹介いたします!

絶景を楽しみながらのランチタイム

Choryang845は、釜山駅近くに位置する丘の上から景色を楽しむことができるカフェ。特に、春・夏の天気が良い日には、素晴らしい展望を楽しむことができます。

観光客にはほとんど知られておらず、カフェ好きな韓国人の知る人ぞ知るといったディープなスポット。
かなり丘を登った上のほうにあるのでバスかタクシーで行くしかなく、簡単には辿りつけません。

真ん中の灰色の建物です。

Choryang1941

少し古めの民家が立ち並ぶ中、目をひくモダンな建物。

Choryang1941

こちらの階段を上るとカフェに到着します。

私は韓国のインスタで知って訪れたので、事前に店内の写真は見ていました。ただ、実際に丘の上から望む景色は景色はどれほどか、ワクワクしながら店内に入っていきました。

Choryang1941

カフェスペースに到着すると、目の前にはこの景色!

Choryang1941

ソウルにあるカフェは小さなスペースでこじんまりとしたものが多いですが、ここは高い天井と壁一面の大きな窓によって、とっても開放感があり気持ちが良かったです。

Choryang1941

釜山というと海雲台や広安里などのビーチが有名ですが、少し高いところから眺める景色もビーチとは違った清々しさがあり、何時間でも眺めていられる景色でした!

そしてもちろん大事なのはお食事。

人気なのはランチメニューで、大きな一品料理をシェアすることが多い韓国では珍しく、日本料理のように主食・主菜・汁物・副菜といったスタイルで素朴な定食を楽しむことができます。

Choryang1941

見た目良し・味良し・素材良しのパーフェクトな内容でした。

食材の色合いや食器の可愛らしさなど、見た目も非常にこだわりを感じます。

Choryang1941

こんなに美味しくてヘルシーなご飯と、素敵な眺望を一度に楽しめるなんて贅沢だなぁと感じました。

わざわざこのカフェのためだけに、丘の上まで足を運んだかいがありました!

現代的な空間

カフェ内は打ちっぱなしのコンクリート、白をメインとした天井と家具、モダンな雰囲気を演出するライトアップ。温かさとクールさを兼ね備えたムードある空間です。

Choryang1941

写真に納まらないほどの長いテーブル。

ここで写真を撮ると現代アートの世界に入り込んだような気分です。

Choryang1941

Choryang1941

Choryang1941の建物には、カフェだけでなくギャラリースペースとショップもあります。

Choryang1941

トイレもモダンな造り。
見たことも無いユニークなレイアウトに、思わずトイレの写真まで撮ってしまいました。

Choryang1941

こちらはショップ。

Choryang1941

韓国の伝統菓子やピンバッジ、カップなどの限定のグッズがあります。
どこか懐かしいような、ノスタルジックなコンセプトです。

現代的なのにどこか古き良き雰囲気を保つこの建物とカフェでは、ゆっくりとした時間の流れと自然を楽しめます。数えきれないほど韓国のカフェを訪れた私でも、忘れられない特別な場所となりました。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は釜山の絶景カフェをご紹介しましたが、今まで訪れたカフェの中でもトップ5に入るほどのお気に入り!個人的にとてもオススメしたい場所です。

これからの季節は釜山のシーズンで、行かれる方も多いかと思うので、機会があればぜひ訪れてみてくださいね!

Shop Information

店名
초량845/Choryang845
住所
부산 동구 망양로533번길 8
電話
051-465-0845
定休日
水曜日
営業時間
11:00-21:00
アクセス
地下鉄1号線 釜山駅 10番出口すぐから190又は508番バス乗車 ファシンアパート駅下車後 徒歩3分
(他にもいくつかルートはございますが最短がこちら。駅からすべて徒歩の場合は約20分ですがかなり坂を上るのでバスをオススメします)

Other関連ブログ記事