チャン・ヒョクのプロフィール
名前
チャン・ヒョク
ハングル
장혁
生年月日
1976年12月20日
身長/体重
177cm, 63kg
学歴
壇国大学演劇映画科
血液型
O型

映画『火山高』などで日本でも人気が上昇

97年デビュー。クォン・サンウと共演した映画『火山高』などで、日本でも人気が上昇。除隊後に出演したドラマ『ありがとうございます』でぶっきらぼうだが情に厚い医師役を熱演し、再びスターの座に返り咲く。『チュノ~推奴~』『根の深い木』では、格闘技で鍛えた身体を武器に体当たりの演技をみせた。格闘技で鍛えた身体を武器に体当たりの演技を見せた『運命のように愛してる』で御曹司ゴン役を熱演し、笑いと涙を誘った。『ビューティフル・マインド』では感情を感じない障害を持つ孤独な天才医師を演じる。2015年の『輝くか、狂うか』で高麗時代の皇子役、『客主』でのちに大成功を収める行商人役に。映画『普通の人』で共演のソン・ヒョンジュが本当に恐怖を感じたという白熱の演技で悪役を環椎する。

ヨガインストラクターの女性と結婚

釜山で両親、弟の4人家族で育つ。高校時代に演技の学校に通い始める。08年に6年の交際を経て、ヨガインストラクターの女性と結婚。04年に兵役逃れが問題になり、同年入隊した際も彼を支えた。08年に長男、09年に次男、15年に長女が誕生している。

チャン・ヒョクの主な出演作品

カネの花~愛を閉ざした男~』『バッドパパ

チャン・ヒョクのプロフィール

出演作レビュー

ganbuganso
『カネの花』(17) ピルジュ役

大財閥チョンアグループの血を受け継ぎながら、弟を殺され、母も亡くした孤独な男性。復讐相手のチョンアで弁護士をしています。

チャン・ヒョクさんがとにかく怖いです。セリフは多くありませんが、冷酷な言葉、時には暴力を振るい、淡々と自分の復讐計画の達成のために行動している姿は、完全な復讐の鬼でした。ゲームのように復讐相手を欺いていく姿は、怖いですが、かっこいいです。チャン・ヒョクさんの演技に釘付けになってしまう作品です。シリアスで緊迫したなシーンはたくさんあるのですが、パク・セヨンさん演じる初恋相手への態度は、温かく、余計に切ない気持ちが伝わってきて、心を打たれてしまいました。

【関連動画】『ボイス』