パク・ジンジュ
名前
パク・ジンジュ
ハングル
박 진주
生年月日
1988年12月24日
身長/体重
160cm
学歴
ソウル芸術大学演技科
血液型
B型
所属事務所
ブルームスティック

陽気な父親と陽気な娘

家族は両親と3歳年上の姉がいる。中でも普段から冗談を言うのが好きで陽気な父親との関係は良好だ。生まれつき右耳の向きが曲がっていたというぱパク・ジンジュに、ある時は「その耳は馬に噛まれたのだ」と言い、ある時は「その耳は実はネズミに噛まれたのだ」と言い、しまいには「私が噛んだからだ」などと言い出す始末。女優の中ではあまり容姿に恵まれていないパク・ジンジュに対して「これからはお前のようなベトナムスタイルの顔が流行るから、整形はしては駄目だ」などと言ったこともあるそうだ。娘に対して遠慮のない冗談を言う父親をどこか憎めないそうだ。

そんな父親の元で育ったことが影響したのか、パク・ジンジュもいたって陽気だ。普段から冗談を友人や共演者に投げかけ続ける。周りの反応の50%は良いものだが、残りの50%は「つまらない」と言われるという。歌を歌うことが好きで、高校時代は周りの学生が受験勉強に明け暮れる中、大きな声で歌の練習をして反感を買ったこともある。

国語の授業では、教科書に載っているセリフを利用して、即席で演技を披露するなどしてクラスメイトを楽しませていた。そのような前に出たがる性格が、今の役者の仕事に繋がっているのかもしれない。

パク・ジンジュの代表作

【ドラマ】
『恋の一撃ハイキック』(11)『プロポーズ大作戦』(12)、
『いばらの花』、『ルビーの指輪』、『失業手当ロマンス』(13)
『百年の花嫁』、『妻スキャンダル-冬が吹く』『エンジェルアイズ』(14)、
『私の残念な彼氏』『匂いを見る少女』(15)

【映画】
『サニー 永遠の仲間たち』(11)、『二つの月』『コアラ』(12)

【関連動画】パク・ジンジュ・インタビュー