名前
パク・ジンジュ
ハングル
박 진주
生年月日
1988年12月24日
身長/体重
160cm
学歴
ソウル芸術大学演技科
血液型
B型

幼いころから表現に関心が高かった

幼稚園の演劇で‟アマガエル”の役を演じて好評だったことが、子供心に嬉しく、それから演技への興味が芽生えた。高校生になってからは演劇部に所属。友人が試験勉強に励む中、パク・ジンジュは廊下で歌を歌うなどしていた。国語の教科書に記された言葉の中から、何か台詞にできそうなワードを見つけては、友人と演技して披露しあっていた。根っからの表現好き。

パク・ジンジュの主な出演作品

【ドラマ】
『恋の一撃ハイキック』(11)、『プロポーズ大作戦』(12)、『いばらの花』(13)、『ルビーの指輪』(13)、『失業手当ロマンス』(13)、『百年の花嫁』(14)、『妻スキャンダル-冬が吹く』(14)『エンジェルアイズ』(14)、『私の残念な彼氏』(15)、『匂いを見る少女』(15)

【映画】
『サニー 永遠の仲間たち』(11)、『二つの月』(12)、『コアラ』(12)

パク・ジンジュに関わる出来事&エピソード

陽気な父親と陽気な娘

家族は両親と3歳年上の姉がいる。父親は普段から冗談を言うのが好きで陽気。生まれつき右耳の向きが曲がっていたというぱパク・ジンジュに、ある時は「その耳は馬に噛まれたのだ」と言い、ある時は「その耳は実はネズミに噛まれたのだ」と言い、しまいには「私が噛んだからだ」などと言い出す始末。女優の中ではあまり容姿に恵まれていないパク・ジンジュに対して「これからはお前のようなベトナムスタイルの顔が流行るから、整形はしては駄目だ」などと言ったこともあるそうだ。娘に対して遠慮のない冗談を言う父親がどこか憎めなく、とても仲がよいという。そんな父親の元で育ったことが影響したのか、パク・ジンジュもいたって陽気だ。普段から冗談を友人や共演者に投げかけ続ける。

【関連動画】パク・ジンジュ・インタビュー