ムン・グニョン
名前
ムン・グニョン
ハングル
문 근영
生年月日
1987年 5月 6日
身長/体重
165cm
学歴
成均館大学人文学部
血液型
B型

『風の絵師』でSBS演技大賞の大賞

97年、バラエティ番組『TVは愛をのせて』の再現映像でテレビ初出演。00年に『秋の童話』でウンソ(ソン・ヘギョ)の少女期を演じて”国民の妹”と呼ばれる。男装のヒロインに扮した『風の絵師』でSBS演技大賞の大賞に輝き、『シンデレラのお姉さん』では初の悪役に挑戦。実力派若手女優として成長した。『清潭洞アリス』では玉の輿を目指す打算的なヒロインをコミカルに演じている。王と息子の悲劇を描く映画『王の運命』では思悼世子(ユ・アイン)の王室・恵慶宮に扮した。

急性コンパートメント症候群

『火の女神ジョンイ』で共演したキム・ボムと交際するが、7か月で破局。17年2月より、急性コンパートメント症候群のため治療に専念。緊急手術を受け、9月から活動を再開した。

ムン・グニョンの主な出演作品

アチアラの秘密』『風の絵師

ムン・グニョン

出演作レビュー

kuge
『シンデレラのお姉さん』(10) ソン・ウンジョ役

母親のせいで苦労が絶えないが真面目で優秀。酵母の研究をしている。唯一心を開いた男性を義妹のせいで誤解が生じ憎む。

小さい体なのにパワフルな演技でした。目つきも厳しく、人を信じていないという役どころをうまく表現していたと思います。好きなのに、その気持ちを隠して憎んでいる振りなど、痛々しさが伝わってきました。子役からということで女優歴も長いですし、数々の賞も受賞しているので演技力には定評がありますが、この作品が1番よく合っていたのではないかと思います。このドラマの印象が強すぎて、他の作品を観ても物足りなさを感じてしまいます。それほどの熱演だったと思います。

ムン・グニョンに関わる出来事&エピソード

学校の成績は常にトップクラス

女優としてブレイクするも、学業を優先しながら活動。学校の成績は常にトップクラスだった。秀才ぶりは有名で、2005年の大学入試のさいは、「どこの大学に入るのか」ということが話題となった。結果、成均館大学の国語国文学科に入学。

【関連動画】映画『思悼』制作発表