名前
イ・ムンシク
ハングル
이문식
生年月日
1967年11月13日
身長/体重
-
学歴
漢陽大学演劇映画科
血液型
-

コミカルな演技もハマリ役

大学を卒業し入隊。除隊後、劇団「漢陽レパートリー」で活動。95年に映画デビュー。04年の映画『ビッグ・スウィンドル』では詐欺師を演じ大韓民国映画大賞の助演男優賞受賞。『チェオクの剣』の泥棒役で知名度が上昇し、『イルジメ』での主人公を思いやる深い母性愛が涙を誘った。コミカルな演技もハマリ役で、『Mr.Back』では主人公の側近役、『恋はドロップキック!』ではゴロツキ役を好演。

4歳下の舞台女優と03年に結婚

全羅北道淳昌群で生まれる。お金持ちになりたいと上京し、航空大学に入学するも1年で退学。漢陽大学に再入学すると学生運動に力を入れた。4歳下の舞台女優と03年に結婚し、愛妻家として有名。特技は韓国伝統的民族芸能である「パンソリ」。義理堅い性格で、友人の作品にノーギャラで友情出演したこともある。

イ・ムンシクに関わる出来事&エピソード

『イルジメ』では、演技のために自ら「歯」を抜いた

『イルジメ』出演の際は、『茶母』で演じたキャラクターと似ていたことから、‟違い”を作ろうと、自ら前歯を抜いた。共演者は最初は冗談かと思っていたが、撮影の際にセリフが妙に発音が変だったことから、本当に歯が無いことが発覚。驚いた周囲は撮影終了と同時に差し歯の手配を頼んだという。

【関連動画】「ユナの街」&シン・ソユル