チョン・ジェヨンのプロフィール
名前
チョン・ジェヨン
ハングル
정 재영
生年月日
1970年11月21日
身長/体重
180cm, 72kg
学歴
ソウル芸術大学演劇科
血液型
A型

映画俳優として地位を築く

チャン・ジン監督率いる創作集団のメンバー。00年まで本名で活動。改名後、01年の『ガン&トークス』で注目を集め、『シルミド』で青龍映画賞助演男優賞を受賞。映画俳優として地位を築く中、初ドラマ『ラスト・チャンス!』で国会議員に成り上がる男を熱演。『デュエル』ではクローン人間を追うサイエンスサスペンスで迫真の演技を見せた。12年の『殺人の告白』では刑事役を好演。15年は『情熱みたいなこと言ってるね』でパク・ボヨンと共演した。

挫折し一度は会社員になる

ソウル出身。高校卒業後に劇団に入るも挫折し一度は会社員になる。98年に結婚。夫人の両親の応援もあり役者として再挑戦した。2男の父。

チョン・ジェヨンの主な出演作品

検法男女

出演作レビュー

ganbuganso
『デュエル』(17) チャン・ドゥクチョン役

後輩からの信頼も厚い熱血刑事。妻を亡くし、重い病気を患った娘と2人暮らしで、娘を救うためならなんでもする向こう見ずの刑事です。

拳銃や拳を使って戦ったり、カーチェイスをしたりする強い刑事という側面と、娘への深い愛情を感じさせる優しいお父さんの一面の2つのチョン・ジェヨンさんを堪能できました。ヤン・セジョンさん演じる誘拐犯と瓜2つの顔を持つ男、イ・ソンジュンとの親子や兄弟にも見えるブロマンスも素敵でした。とにかく向こう見ずな刑事ですが、汗水、時に感情を爆発させ涙を流す熱い姿に、何度も胸を突かれました。表情豊かで、アクションも満載で、チョン・ジェヨンさんの魅力に溢れた作品でした。

チョン・ジェヨンに関わる出来事&エピソード

KARAのギュリが‟理想”に挙げる

日本でも人気が高いK-POPアイドルKARAのメンバーだったギュリは、インタビューやテレビ番組の中で度々「私の理想は俳優のチョン・ジェヨン」と言っている。理想のタイプは父であり、その父に最も近い男性とし、「男らしくマッチョなイメージがありながらも、どこかユーモラスな男性」とチョン・ジェヨンの印象を語っている。

【関連動画】『さまよう刃』主演チョン・ジェヨン