名前
チュウォン
ハングル
주원
生年月日
1987年9月30日
身長/体重
185cm, 75kg
学歴
成均館大学演技芸術学科
血液型
O型

視聴率王子

07年、主役のケガのため代役としてミュージカル『アルターボーイズ』で主演デビュー。舞台で人気を獲得し、オーディションを経て『製パン王キム・タック』でドラマに進出。主人公のライバルを演じて注目される。ここから一気にスター街道を駆け上がる。彼が出演したドラマはいずれも高視聴率を記録。『製パン王 キム・タック』は58.1%、「オジャッキョの兄弟たち」が36.3%、「カクシタル」が22.9%の視聴率を達成し、韓国ドラマ界において「視聴率王子」との異名を得るまでになった。『グッド・ドクター』では障害を持つ小児外科レジデントを演じる。『ヨンパリ』では闇医者でもある天才外科レジデント役を熱演し、SBS演技大賞など4つの賞を総なめに。16年は中国ドラマ、映画に連続出演する。『特勤』では新米の特殊要因を体当たりで演じた。17年、事前撮影された宮中ラブロマンス『猟奇的な彼女』が入隊後に放送。朝鮮王朝時代のイケメンに扮した。

水産業で働く父、元女優でメイクアップアーティストの母

ソウル市龍山区漢南洞生まれ。水産業で働く父、元女優でメイクアップアーティストの母、5歳上の兄の4人家族で育つ。中学で水原市に引っ越し、内気に。両親の勧めで演劇部に入部し、高校も芸術系に進学した。17年5月に陸軍に入隊する。10月には祝祭「地上軍フェスティバル」にイ・ジャンウ、ゴニルらと参加。また、16年から歌手BoAと交際中だったが、17年11月に破局した。

チュウォンの主な出演作品

チュウォン

出演作レビュー

nina
『製パン王 キム・タック』(10) ク・マジュン役

不義の末に生まれたことを知りながらも食品会社の後継者への道を邁進します。しかし幼い頃に別れた主人公と再会、劣等感に苛まれながらもライバルとして切磋琢磨することで自身も大きく成長することになります。

自分の出生の秘密を知りながらも真面目に後継者への道を模索しているところに真の後継者である主人公と再会してしまうなど、悪役と単純に一括りにできない複雑な役柄を演じています。この作品のもう一人の主人公と言っても過言ではなく、それにふさわしい存在感を示しています。「製パン王 キム・タック」がドラマ初出演とは思えない出来栄えです。その後「のだめカンタービレ~ネイルカンタービレ」などに出演するなど、俳優としての活躍がますます期待されます。

Siki64
『グッド・ドクター』(13) パク・シオン役

自閉症であると同時に"サヴァン症候群"である青年で、小児科のレジテントという役どころです。

チュウォンさんと言えば、日本のリメイクドラマ「のだめカンタービレ」でのクールな演技が印象的でした。ですが本作では、"自閉症"の青年という非常に難しい役柄を演じています。私は、彼の演じるシオンをひと目見た瞬間から惹きつけられました。と言いますのも、ひと目だけでも圧倒されるほど、素晴らしい演技だったんです。決して大げさすぎず、それでいて自閉症の特徴をよく掴んでいるんですよね。歩き方や目の動かし方に至るまで、細部の作りこみが本当に凄かったです。私の中で、チュウォンさんは"憑依型"の俳優さんという印象が強まりました。

チュウォンに関わる出来事&エピソード

信念は自分を貫くこと

演技において大事にしているのは「手放さないこと」と話しているチュウォン。出演したドラマや自分への評価がどうであっても、他人から言われることで左右されないようにしているそうだ。

【関連動画】『猟奇的な彼女』