ハン・ヒョジュ
名前
ハン・ヒョジュ
ハングル
한 효주
生年月日
1987年2月22日
身長/体重
170cm, 47kg
学歴
東国大学演劇映画科
血液型
A型

『ノンストップ5』で女優デビュー

高校在学中の03年、ミスピングレ選抜大会で大賞を受賞。翌年の『ノンストップ5』で女優デビュー。続く『春のワルツ』でヒロインに抜擢され、瞬く間に人気を獲得した。『華麗なる遺産』をはじめ、出演作はいずれも高視聴率を記録。時代劇のタイトルロールを熱演した『トンイ』で日本にもファンを増やした。『MIRACLE』で日本映画にも出演している。奇想天外なラブストーリー『ビューティー・インサイド』では123人1役を相手に主人公を好演。

お嫁さんに来てほしい女優No.1

09年に俳優兼実業家のカン・ドハンと噂になった。お嫁さんに来てほしい女優No.1になるほど清純派女優として知られる。

ハン・ヒョジュの主な出演作品

ハン・ヒョジュ

出演作レビュー

syn92
『ビューティーインサイド』(15) ホン・イス役

家具店で出会ったウジンに好意を持つ。しかし、実はウジンは目が覚めるたびに外見が変わってしまうということを知ってから、怖くなってしまい、付き合いながらもストレスで病んでしまうものの、内面のウジンを心から愛する素敵な女性。

映画自体の設定は非現実的で、とは言えそれをリアルに描いているのですが、このホン・イスという役は本当に難しかったと思います。ウジンの外見に関する事情を知ってから毎日違う姿の「ウジン」を愛し、大切にしようとするイスの姿はとても魅力的で、その分、ストレスを一人で抱え込む彼女の姿には心が痛みました。映画を見ている間にいつの間にか、感情移入しながら映画に没頭してしまうほどの映画になっていて、ハン・ヒョジュでないホン・イスは想像ができないですし、あの切実さは彼女にしか出せなかっただろうなと思いました。

【関連動画】ハン・ヒョジュ主演映画『愛を歌う花』予告編