名前
ワン・ジウォン
ハングル
왕 지원
生年月日
1988年11月12日
身長/体重
168cm, 49kg
学歴
韓国芸術総合学校舞踊学科
血液型
A型

父親はエリート公務員

ワン・ジウォンの父親は韓国のエリート公務員。また、祖父は釜山に基盤を持つ財閥グループ「国際グループ」の会長。そのものすごい育ちの良さもデビューしてから話題となった。家柄の良さから、ピアノや絵など色々な習い事をさせられたそうだが、その中でも続けることが出来たのがバレエ。15歳の時に父の仕事の関係でイギリスに引越すことに。

バレリーナを断念し女優の道へ

高校で英国王立ロイヤルバレエスクールに入学し、本格的にバレイに取り組むことに。イギリスのロイヤルバレエ団を卒業。韓国の国立バレエ団に所属していたバレリーナ。ワン・ジウォンはイギリスでは骨盤の骨折で車いす生活を、韓国に帰ってきてからも両足首が手術が必要な状態になってしまうなど、怪我に悩まされた。両親に女優の道に進むことを相談し、22歳の時、芸能事務所と契約に至った。雑誌やモデルの活動をした後に女優デビュー。

12年の『ファミリー』でデビュー

12年の『ファミリー』でデビュー。『運命のように君を愛してる』では主人公の婚約者のバレリーナ役を好演。17年の『病院船』ではクァク・ヒョン(カン・ミンヒョク)の元恋人役を演じる。

ワン・ジウォンの主な出演作品

【ドラマ】
『ファミリー』(13)、『グッド・ドクター』(13)、『相続者たち』(13)、『ロマンスが必要3』(14)、『とあるさようなら』(14)、『運命のように君を愛してる』(14)、『離婚弁護士は恋愛中』(15)、『不滅の女神』(16)、『病院船』(17)

【映画】
『ワンライン』(17)

【関連動画】ワン・ジウォンのバレイ演技