キム・ヘス
名前
キム・ヘス
ハングル
김 혜수
生年月日
1970年9月5日
身長/体重
168cm, 56kg
学歴
東国大演劇映画科
血液型
A型
所属事務所
ホドゥエンターテインメント

カリスマ性と知性

15歳でデビューしたキム・ヘスは、はじめはコマーシャルタレントだっただ、高校生になってからドラマデビュー。それ以降、毎年確実に実績を積み重ねてきた。

デビューから20年近く経ち成熟した女性となった彼女から感じることができるのは、「カリスマ性」と「知性」だ。歯切れの良いトークは聞く人を惹きつけ、イベントでのMCを務めることは多い。

ひとつひとつの言葉の選択に知性を感じることができる。また、派手な衣装も話題だ。女性として華やかな姿と知性どちらも持っている彼女に勝る女性MCはいないだろう。

韓国映画界の女帝

一部では彼女のことを「女帝」と呼ぶ。韓国映画界で圧倒的な存在感を示しているからだ。

映画「タチャ イカサマ師」ではセクシーな金庫破り師を、韓国版「派遣の品格」では有能な非正社員を演じた。そして2015年公開の「チャイナタウン」で演じるのはサラ金業者のボスだ。シャンプーブランドとの広告契約のため実現はしなかったが、役作りのために「スポーツ刈り」にしようとしたようだ。その他わざと太ったり、痩せたりと、キム・ヘスの役作りへの準備は徹底している。

>>>キム・ヘス、チョン・ドヨン、イ・ヨンエ、演技派女優の作品が続々公開!

子供に関する社会問題に関心が強い

キム・ヘスは慈善活動にも積極的だ。特に世界の子供に関わる社会問題には強い関心を持っており、慈善活動にも参加している。2012年には、ユニセフの特別大使に任命され、広報使節を務めてきた。また、養子縁組を待つ赤ちゃんの施設、大韓社会福祉会のイベントにも多く参加してきた。

2015年、映画「チャイナタウン」で主演を務めたことで、カンヌ国際映画祭に招待されたが、「ミャンマーでのボランティアに参加するため、映画祭は欠席する」と発表。レッドカーペットよりボランティア活動を選択するという、キム・ヘスらしさを見せた。

キム・ヘスの代表作

【ドラマ】
『グッキ』(99)『愛の群像』(99)
『黄金時代』(00)
『チャン・ヒビン』(02)
『漢江ブルース』(04)
『スタイル』(09)
『職場の神』(13)

【映画】
『爆裂野球団!』(02)
『顔のない女』(04)
『赤い靴』(05)
『イカサマ師』(06)
『浮気日和』(07)
『モダンボーイ』(08)
『泥棒たち』(12)『観相』(13)
『チャイナタウン』(15)など他多数

【関連動画】東方神起 & キム・ヘス MISSHA CM + メイキング