名前
イ・ドクファ
ハングル
이덕화
生年月日
1952年5月8日
身長/体重
174cm
学歴
東国大学校演劇映画科
血液型
B型

青春スターとして人気を誇る

72年、TBC公募採用タレントとしてデビューし、76年に出演した『本当に本当に忘れないで』がヒットし、それ以降、青春スターとして人気となった。70~90年代は映画出演が多く、91年に映画『開闢』で大鐘賞主演男優賞を受賞。近年はドラマを中心に活動し、時代劇の出演も多い。06年は『大祚榮』でKBS演技大賞最優秀賞を受賞した。15年の『客主~商売の神~』では朝鮮全土の商圏を支配する巨商、シン・ソクチュ役を演じている。

幼馴染の舞踏家と結婚

40年~60年に活躍した悪役俳優で有名なイ・イェチュンは父。77年の事故の際に看病をしてくれた幼馴染の舞踏家と結婚。父は俳優イ・イェチュン(故人)、長女は女優イ・ジヒョン。

イ・ドクファの主な出演作品

あやしいパートナー~Destiny Lovers~』『法廷プリンス-イ判サ判-

イ・ドクファに関わる出来事&エピソード

カツラの広告モデルでもお馴染み

韓国ではカツラの広告モデルでもお馴染み。80年代半ばのドラマ『愛と野望』の撮影の時からカツラを着用するようになったイ・ドクファ。90年代後半にカツラのCMへの出演依頼を受ける。依頼を受けた際は不快に思ったと語りつつ、スタッフの粘り強い説得と、当時2人の子供が留学中で費用が必要だったことなどから出演を決断する。それ以来、カツラの広告と言えばイ・ドクファというイメージがつくほどに定着した。現在は数十個のカツラを所持して使いこなしている。

【関連動画】韓 明澮 ハンミョンフェ~朝鮮王朝を導いた天才策士~