名前
キム・ヨングァン
ハングル
김 영광
生年月日
1987年1月11日
身長/体重
187cm, 70kg
学歴
-
血液型
A型

モデルとしてデビュー

06年、モデルとしてデビュー。08年に『彼らが生きる世界』で俳優デビュー。09年の『お嬢さまをお願い!』の執事役で注目を集め、『ラブレイン』ではヒロイン(ユナ)の憧れの先輩役を好演。『ピノキオ』では苦労知らずの御曹司役を、愛嬌たっぷりに演じた。16年、『ウチに住むオトコ』で地上波ドラマ初主演を務めた。17年は『番人』で主演。10月には日本初となるファンミーティングも開催している。

ベトナム戦争で病を患った父を亡くす

小学生の時に、ベトナム戦争で病を患った父を亡くす。13年12月に入隊。14年6月に除隊。父親が国家有功者のため6ヶ月のみの公益勤務に。

キム・ヨングァンの主な出演作品

出演作レビュー

tsurukin
『ピノキオ』(14) ソ・ボムジョ役

御曹司で母親に溺愛されている。記者になるが、母親が犯した罪を知り、罪を償わせる為にはどうすれば良いのか悩む。

キム・ヨングァンさんはこの作品で初めて知りました。とっても好青年なのですが、好きになった人に会いたくて同じ会社の就職試験を受けたりバイト先に行ったりと、一歩間違うとストーカーなほど情熱的。基本的にとても育ちが良く、社会の裏側を知らないお坊ちゃまな部分を嫌みなく演じていたと思います。

【関連動画】「僕らのイケメン青果店」メイキング~パク・スジンとのキスシーン~