チョン・ユミ
名前
チョン・ユミ
ハングル
정 유미
生年月日
1984年2月23日
身長/体重
167cm, 45kg
学歴
漢陽大学演劇映画学科
血液型
-

メインキャスト級の女優へと成長

02年のデビュー作短編映画『付き合っているの?』を経てガムのCMで注目を集める。『トンイ』では主人公(ハン・ヒョジュ)を支える尚宮チョンイム役を好演。2012年の『屋根裏部屋のプリンス』では謎の死を遂げる世子嬪ファヨンと、成功のために偽りを重ねるセナの2役を演じた。長い下積み生活を経て、14年の『イニョプの道』でタイトルロールに抜擢される。逆境に負けない聡明なヒロインを熱演し、メインキャスト級の女優へと成長した。2015年の『六龍が飛ぶ』ではタンセ(ピョン・ヨハン)と切ない再会をするヨニ役を熱演した。

日本語と中国語を流暢に話す

釜山出身。高校はチェ・ジウと同じ学校で、年代は違うものの、担任の先生が同じだったという共通点がある。元々は親の希望もあり、教師を目指していた。語学が堪能で、日本語と中国語は1人でもコミュニケーションがとれるほどに流暢だという。歌手のチョン・ジュニョンとバラエティ番組『私たち結婚しました』に出演したりも。

チョン・ユミの主な出演作品

検法男女

チョン・ユミ

チョン・ユミに関わる出来事&エピソード

中国ドラマキャスティングがきっかけで中国語レベルが......

07年に中国ドラマ『五星大飯店』の主役に。3か月の予定だった撮影期間は1年6か月にも伸び、過酷なプロジェクトとなったが、チョン・ユミは前向きにこの期間、中国語学習に集中。その結果高い中国語レベルに達し、セリフのイントネーションも違和感が少なくなったという。今では特技に“中国語”と書くほど。

【関連動画】『六龍が飛ぶ』