チョン・リョウォン
名前
チョン・リョウォン
ハングル
정 려원
生年月日
1981年1月21日
身長/体重
166cm, 45kg
学歴
高麗大学新聞放送科
血液型
B型

小学生~大学までオーストラリアで過ごす

ソウル生まれ。小学5年生のときに、家族でオーストラリアに移住。両親と兄、妹とともに5人で大学生になるまで暮らした。大学1年生の時に「雪が見たい」と母国韓国へ旅行で訪れたさい、スカウトをされる。00年、アイドルグループchakraのメンバーとして歌手デビュー。04年の脱退後、女優に転身した。

『私の名前はキム・サムスン』でブレイク

05年に『私の名前はキム・サムスン』でジノン(ヒョンビン)の元恋人ヒジン役を演じてブレイク。『幻の王女チャミョンゴ』では時代劇のタイトルロールを熱演し、『彼とわたしの漂流日記』では風変わりなヒロインをキュートに演じるなど、幅広い役柄をこなす。『メディカル・トップチーム』では外科医のジュヨン役を好演。15年の『風船ガム』では、イ・ドンウクと幼馴染の女性を演じた。17年に『魔女の法廷』で2年ぶりにドラマに復帰。

チョン・リョウォンの主な出演作品

魔女の法廷

チョン・リョウォン

チョン・リョウォンに関わる出来事&エピソード

ソン・ユリは親友

ソン・ユリとは一緒に旅行をするほど仲がよく、日本の大分にも滞在している。

ナム・テヒョンとの熱愛

16年には13歳年下のナム・テヒョンとの熱愛が報じられるも否定している。

【関連動画】『風船ガム』