名前
ヤン・イクチュン
ハングル
양 익준
生年月日
1975年10月19日
身長/体重
-
学歴
公州映像大学芸能演技科
血液型
A型

映画『息もできない』で国内外で数々の賞を受賞し一躍スターに

ソウル出身。21歳で入隊し、除隊後、演技学校で学んだ。監督、脚本、主演を自らこなした09年公開の映画『息もできない』が国内外で数々の賞を受賞し、一躍スターに。俳優として映画を中心に活躍し、13年には日本映画『中学生円山』に出演。14年『大丈夫、愛だ』では、主人公の兄役を務める。15年の『夜を歩く士』では吸血鬼の師匠役を演じた。17年はドラマ『推理の女王』に出演。日本映画『あゝ、荒野』で菅田将暉とW主演を果たしている。

ヤン・イクチュンの主な出演作品

バッドガイズ -悪い奴ら-2

ヤン・イクチュンに関わる出来事&エピソード

映画作りで溜まったものを吐き出す

ヤン・イクチュンは若い頃から日常のことを手帳などに書き残しては、インターネットに日記として公開するなど、日々感じた事や内に溜め込んだことを吐き出していた。監督として作品を作ると決意したのも、家族との関係について自らの体験で感じたことを吐き出したいと考えたからだという。

特に詳細な指示はしない

監督としてのスタイルは「詳細な指示を出さない」。俳優には感じたままに表現することをもとめる。言われた通りに演じるのではなく、俳優たちが自由度の高い空間で遊ぶように演技をするような時間に、自身も俳優としての幸福を感じることが多いというのが理由。

【関連動画】『大丈夫、愛だ』