travel

仁川空港近郊の街、雲西(ウンソ)~早朝便で帰るなら利用しよう!~

編集部

編集部 |   |  3045PV

3月に行った10日間の一人旅では最終日、雲西(ウンソ)という場所に泊まりました。

帰りの飛行機が朝早かったため、空港周辺で出発の時間まで過ごしたいなと思い調べていると出てきたのがこの雲西(ウンソ)だったからです。

空港近郊で時間を潰すなら

アジアのハブ空港として機能している仁川国際空港では、韓国の玄関口として多くの観光客などが訪れるのはもちろん、乗り換えで立ち寄る旅客も多くいます。

僕のように飛行機の時間によって空港周辺で時間を潰したい人や、乗り換えで時間が空いてしまって、その限られた時間で韓国を観光することはできないかと、仁川空港周辺を調べる人は多いようです。

ソウル市内に空港から行くには1時間ほどかかります。また、仁川の市街地も空港からは少し離れていて、車で45分ほどかかりますので近いとは言い難く、空港から気軽に行ける街は近くにはないので、多くの人は空港内の施設で時間を過ごすようです。

世界の空港評価でも世界1に選ばれているほど立派で綺麗な仁川国際空港の中には、韓国文化のひとつでもある”チムチルバン”もありますし、韓国を感じつつ時間を潰すには困りません。

電車で2駅、雲西駅(ウンソ駅)

しかし、ちょっとした韓国の街を見てみたければ、仁川国際空港から電車で2駅の雲西(ウンソ)に行くというのも良いかもしれません。

飛行機で日本に帰る日の前日、雲西(ウンソ)に着いたのは正午頃でした。立派で大きな、でも閑散とした駅を出ると少し広場になっており、少し先に街が見えます。人通りは少なく、建物はそんなに多くありません。

店が密集している通りが2,3本あるだけで、30分ほど歩けば全体をだいたい見れてしまうくらいの大きさでした。

まずインターネットで調べていたホテル、「スカイホテル」に行ってチェックイン。

荷物を置いて、雲西で1番大きい商業施設のロッテマートに行ってみました。1階は大きなスーパーになっており、2階が衣料品、3階が子供の学習教室やメガネ屋などが雑多に入っており、その上が駐車場です。地方のショッピングモールという感じですが、お世辞にも立派とは言えません。

周囲にアパートが多くあるので、食料品などを買い求めに人は訪れるようですが、寂れた小規模なデパートでした。

雲西のスカイホテル

このロッテマートの2階にちょっとしたフードコートがあり、そこで昼食を食べました。注文したのはトンカツスパゲティーセット。どれもボリューミィーな定食ばかりで、トンカツや蕎麦、寿司など日本食も多かったです。

寂れたデパートロッテマート

夜は活気が少しある

街をブラブラ歩いて、ロッテマートを見て、それでも15時くらいにしかならなかったので、一旦仁川空港に行ってサウナに入ったりしたあと夜に再び帰ってきました。駅の外に出てみると、昼の閑散としたイメージとは違いネオンが輝く夜の街がそこにありました。

空港周辺で暮らす人たちが1杯飲むための街なのかもしれません。通りにはマッサージの看板屋が目立ち、男性のグループが騒ぎながら通りを歩いていきます。

雲西(ウンソ)観光は。。。

雲西観光は何も見るところないので辞めたほうが良いと思います。

ただ空港からのアクセスは最高で、多くのホテルがるので、飛行機の時間が早かったりといった場合は宿泊するのには有りかもしれません。飲み屋は多いですし一杯飲んでホテルで休んで空港に向かえば快適です。

雲西の街中や駅周辺にはすごい数の車が止まっています。すべて空港への送迎タクシーで、遅い時間やかなりの早朝でも車ですぐに空港へ向かうことができます。

また、ほとんどのホテルには送迎バスのサービスもあります。スカイホテルも送迎バスが朝5時から1時間ごとに出ていて、僕が乗った6時発の送迎バスも多国籍なお客さんを6名ほど乗せて一緒に空港へ向かいました。

Other関連ブログ記事