spot

芸術の秋は路上美術館で芸術鑑賞♪有名な梨花洞の「タルトンネ」

和香

和香 |  659PV

韓国へ観光に訪れた人の中には、壁画アートを見物した人も多いのではないでしょうか。

ソウル都心部から気軽に行ける場所に、いくつかある壁画アートスポット。美術大の学生が自発的に始めたものや、町おこしのプロジェクトでおこなったものなど様々ですが、有名なところはどこも見ごたえがある観光名所となっていて楽しいですよ!

今回私が訪れたのは梨花洞の路上美術館です。

タルトンネ

梨花洞の路上美術館「タルトンネ」

劇場などが多く集まる大学路からナッサン公園へ向う道の途中にあるエリア「梨花洞」。タルトンネと呼ばれる地域なのですが、芸術文化に触れられる街にしようというプロジェクトの一環で、路上アートも促進されました。

ガイドブックに良く掲載されているのを目にして、気になってはいたのですが今回やっと訪れることができました。

タルトンネとは日本語で月の街。タルトンネは小高い丘の上にあり、月に届きそうな位高い位置にあるという事でタル=月 トンネ=町でタルトンネと呼ばれるようになりました。傾斜のきつい階段を登りると坂の上には細い路地がたくさんあります。

最寄駅は恵化駅

路上美術館へ行く際の最寄駅は恵化駅です。駅の近くにマロニエ公園があり、マロニエ公園からナッサン公園へ行く途中に路上美術館への入り口があります。想像していたよりも傾斜がきついと感じました。

路上美術館で芸術鑑賞

路上アートを見物していると夢中になってしまうので、急な坂や階段を登るのもそれほど苦になりませんでしたが、階段が急すぎて怖いなと感じました。事前に急な坂や階段が多いと聞いていたので、軽装&スニーカーで最寄り駅の恵化駅に到着

旅行雑誌、ガイドブックの多くに掲載されているため、日本人観光客の姿も多いですね。最近では韓国のバラエティ番組やドラマのロケ地となったことも合わさって、訪れる日本人が多いようです。

有名スポット

梨花洞 路上美術館

室内の美術館とは違い、風や対応の温かさなど、その季節を感じながらアートを楽しめるのも魅力。

街のあちこちに絵やオブジェがありカメラは必須です!!
可愛い絵が多く見ていて楽しい気分になりました♪

ドラマにも出てくるオブジェ

有名な観光地へと変わったからこその悩み

このプロジェクトで街全体がアートとなり、観光客がたくさん訪れるようになりました。

ただ一方で、現地に住んでいる一部住民の中には、路上美術館のプロジェクトに反対している人がいて、一部の壁画が見られなくなってしまいました。観光客が増えたことで周辺が騒がしくなり、日常に支障が出るようになってしまったんですね。

鑑賞する側のマナーも大切ですので、鑑賞の際は気をつけて見学していただければと思います。

Other関連ブログ記事