パク・セヨン
名前
パク・セヨン
ハングル
-
生年月日
1988年7月30日
身長/体重
166cm
学歴
祥明大学校映画科
血液型
-
所属事務所
HUNUSエンターテインメント

大きな瞳が特徴的

大きな目が特徴的な愛らしいビジュアルが特徴なパク・セヨン。その目力で時に甘える妹役を、時に強烈な悪女をも演じる。目は母親に似たそうだ。世の中に(世)栄える(栄)という意味でセヨン(世栄)と名付けられた。

家族は両親の他に姉が一人いる。姉は俳優のイ・ミンホの大ファンで、パクセヨンが女優としてデビューすることで、イ・ミンホに会うチャンスがあるのではと、ずっと期待していた。実際にパク・セヨンは、「シンイ-信義-」の撮影でイ・ミンホと共演。その事を理由に姉は撮影現場を訪れ、憧れのイ・ミンホに会うことができた。そのことがきっかけで姉妹の関係が良好になったとも笑い話として話している。

女優として仕事が増える日々

デビューは14歳の時、「暗行御史パク・ムンス」への出演にて。もともとは子役として活動していたものの、その後演技活動は休業。

しかし2012年に子役時代のパク・セヨンのことを知っていた現在の事務所社長が電話をかけてきて、芸能界に復帰することに。この時パク・セヨンは演技とは全く離れていて、パン屋でアルバイトをしていた。しかしこの電話をきっかけに演技指導を1年間受けて再デビュー。再デビューはパク・ジェボムのミュージックビデオ。これを見た芸能関係者からオファーが多く届き、女優としての活動を本格化することに。

この電話によって所属した事務所はスター女優が多く所属しているHUNUSエンターテインメント。同事務所に所属するパク・シネとは親友と呼べるほどに親しいようだ。

バラエティー番組にも積極的に出演

人気バラエティー番組「強心臓」に出演。真面目な彼女は、バラエティー番組にもかかわらず、ドラマと同じように番組の台本を何度も読み直して覚えようと試みたようだ。演技とは違うジャンルで飾らず出演する姿は好感が持てる。

更に「私たち結婚しました」では2PMのチャン・ウヨンと仮想夫婦に。歴代出演者の中でも一際リアルにお互い惹かれあう姿が映し出され、観ているものをドキドキさせた。

パク・セヨンの代表作

【ドラマ】
明日が来れば(11)、
赤道の男(12)、ラブレイン(12)、シンイ-信義-(12)、ゆれながら咲く花-学校2013(12)、
となりの美男<イケメン>(13)、天まで届け、この想い(13)、
気分の良い日(14)、
私の娘、クム・サウォル(15)

【映画】
ファッション王(14)、
猫の葬儀 (15)

【関連動画】「私たち結婚しましたSeason 4」withチャン・ウヨン