パク・ジェボムのプロフィール
名前
パク・ジェボム
所属
sidusHQ
誕生日
1987年4月25日
血液型
AB型
身長・体重
174cm/60kg
宗教
キリスト教
血液型
A型

パク・ジェボムの代表作

【音楽】
『Bestie』(10)、『信じてくれるかい』(10)、
『Abandoned』(11)、『Girl Friend 』(11)、『星』(11)、
『Know Your Name(Feat. Dok2)』(12)、
『JOAH』(13)、『Welcome』(13)、『I Like 2 Party』(13)、
『Metronome』(14)、『NaNa』(14)、
『MOMMAE(Feat. Ugly Duck)』(15)、
『Sex Trip』(15)

【MV】
5dolls『キスマーク』(11)

【映画】
『ミスターアイドル』(11)

パク・ジェボムとは

アメリカシアトルで育つ
パク・ジェボムは、アメリカシアトルで生まれ育った、韓国系アメリカ人3世。地元のダンスチームに所属し活躍していたパク・ジェボムは、母のススメでJYPEオーディションに参加。そこでJYP代表のパク・ジニョンに才能を見いだされ、韓国に行くこととなった。

全く韓国語を話すことができないパク・ジェボムは、4年間の練習生生活の中でその壁を乗り越え、2008年に2PMとしてデビューする時には、グループのリーダーを任されるほどだった。

2PMのリーダーを突然の脱退
2009年の9月に、パクジェボムがインターネット上サービス「マイスペース」に書き込んだとされる「韓国人は気持ちが悪い」「彼らを理解できない」「ビジネスが終わったらすぐシアトルに戻るだろう」という文章が一気に拡散。この発言が愛国心の強い韓国人を激怒させた。

この騒動を受けて、パク・ジェボムはアメリカに帰国し芸能活動を休業。

その後これらの発言が英語から韓国語へ翻訳した際にニュアンスが間違っていたこと、アメリカで育ったパク・ジェボムが新たな生活への適応に悩んでいたことなども同情の余地があり、彼を擁護する声も徐々に増えていった。2PMのメンバーもテレビ出演の度に彼へ激励のメッセージを送り続け、復帰が望まれていた。所属事務所JYPも公式にパク・ジェボムは復帰するとコメントも出していた。

しかしこの「失言問題」とは別に、新たに問題が生じた。その内容はいまだに明かされていないが、休業中でシアトルにいるパク・ジェボムからJYPに連絡があり、「重大な過ちをおこした」と告げ、2PM脱退に至ったのだ。

この「重大な過ち」についてはファンのみならず、韓国国内でも様々な噂を生んでいる。JYPの練習生を妊娠させてしまったのではないか…ドラックに手を出してしまったのではないか…などの憶測はあるが、いまだに詳細は謎のままだ。

>>>【AOMG】パク・ジェボムが最高の仲間と紡ぐ音楽

【関連動画】Jay Park ‘I Like 2 Party’ Official Music Video