サニー(少女時代)のプロフィール
名前
サニー
生年月日
1989年5月15日
身長/体重
155cm, 44Kg
ポジション
リードボーカル
血液型
B型
所属事務所
SMエンターテインメント
本名
イ・スンギュ

サニー(少女時代)の代表作

【音楽】
『今になって』(09)
『愛してる、愛してる』(12)
『私だよ』(12)
『2番目の引き出し』(13)

【バラエティ】
『青春不敗』(09-12)

【MC】
『The M 』(09-10)
『ミュージック・アイランド』(12年- )

サニー(少女時代)とは

練習を積んだのは父の芸能事務所だった
他のメンバーがSMエンターテイメントで長く訓練を積んできたのと違って、サニーは元々父が経営する芸能事務所に所属していた。しかし所属事務所が経営悪化。日本でも有名になったICONIQの薦めでSMのオーディションを受けてデビューすることとなった。父の仕事の影響でサニーはアメリカで生まれた。しかし湾岸戦争の際に家族そろって韓国に帰国。幼いころに帰国したため、英語はほとんど話すことができない。湾岸戦争の際の記憶は残っていて、そのせいで今も爆竹などの大きな音はトラウマで、当時のことを思い出してしまうようだ。

サニーの叔父は、SMエンタテイメントの創設者。父も芸能事務所社長。このことから、SMエンターテイメントのオーディションを受けてそのままデビューした経緯を「コネ」だと疑う人も多い。本人は自分が創設者イ・スマンの姪であることを、少女時代に採用した人は知らなかったと否定している。

ぶりっ子キャラ
常にステージで可愛く映るために、表情の研究は欠かさないというサニー。アヒル口などぶりっこの表情を多く見せることから、メンバーからは「拳を呼ぶ愛嬌」などと言われる。ただ、計算高いぶりっ子という印象では無い。韓国のポータルサイトでは、「純真でけがれのない子供のような心を持った歌手は誰?」というアンケートでサニーが1位に選ばれている。普段のぶりっこも、無邪気な言動も、純真が故という受け止められ方をされているようだ。

【関連動画】サニーのぶりっ子に我慢しきれず、ユリが殴りかかる