ソヒョン(少女時代)のプロフィール
名前
ソヒョン
生年月日
1991年6月28日
身長/体重
168cm, 47Kg
ポジション
リードボーカル
血液型
A型
所属事務所
SMエンターテインメント
本名(女優名)
ソ・ジュヒョン

ソヒョン(少女時代)の代表作

【音楽】
『オッパナッパ』(08)
『チャラジャチャ』 (09)
『Let’s Go』(10)[39] 
『JOURNE』(11)
『Dreams Come True』(11)
『Don’t Say No』 (12)
『辛くても 大丈夫』(10)
『待っています』(12)

【ドラマ】
『熱愛』(13)

【MC】
『ショー!音楽中心』 (12)
『MBC歌謡大祭典』 (12)

ソヒョン(少女時代)とは

少女時代の愛される「末っ子」
ユリは友達と遊園地に遊びに行く途中、地下鉄でスカウトにあう。その後オーディションに合格して、約5年間のトレーニングを積んだ後に少女時代のメンバーとしてデビュー。デビュー当時16歳という年齢で、少女時代の末っ子キャラとなった。年上のメンバーからはイタズラされたりと、末っ子らしくイジられ、愛されている。

末っ子として愛される理由は年齢だけではない。幼いころから祖母や両親から厳しく育てられたソヒョンは、非常に礼儀正しい。メンバーであっても敬語を使い、年上の人への敬う態度は各方面から評価されている。非常に几帳面な性格で、自己管理がしっかりしている。一方で歯磨きに10分間時間をかけたり、入浴時間が長いなどの部分は、寮で共に生活するメンバー達から不満が出るなど「しっかりしすぎて融通が利かない」一面もあるようだ。

【動画】涙なしには観れない~ソヒョン・練習生時代の親友とのエピソード~

母はピアノの学校院長
ソヒョンの母は、ピアノ学校で院長を務める人物。そのためソヒョンも幼いころからピアノの練習に励み、実力も高い。コンサートやテレビ番組でも度々ピアノ演奏を見せている。子供の頃の夢はピアニスト・外交官・女優。しかし日本のドラマ「のだめカンタービレ」を観て、女優になりたいと考えるようになった。

のだめカンタービレは熱狂的なファンで、韓国のテレビ番組では主演の上野樹里と対面したことも。このドラマの影響で、日本のドラマに出演することが夢のひとつとなったそうだ。韓国で女優としての活動を広げている彼女にとって、それほど遠くない夢かもしれない。

【関連動画】仲の良さがわかる♪ソヒョンとメンバーの不満の言い合い