名前
キム・ソナ
ハングル
김 선아
生年月日
1994年11月24日
身長/体重
167cm
学歴
-
血液型
-

新女優キム・ソナ

キム・ソナといえば韓国の演技派女優の名前がまず思い浮かぶが、同じ名の新人女優が現れた。1994年生まれの若手新人女優は2012年にドラマデビューを果たすと、2015年のドラマ「プロデューサー」では重要な役柄を演じ、顔が知れるところとなった。

デビューのきっかけは、1日だけソウルに遊びに行ったその日に、芸能事務所からスカウトを受けたことだ。その1日で関係者の目に止まったのは運が良かったと言えるかもしれない。それからは芸能界を志し、一人で上京して夢を目指してきた。

ガールズグループとしての訓練を積んでいた時期も

女優としてデビューするまで、キム・ソナの中では迷いがあったと言う。ガールズグループとして歌とダンスのレッスンもおこなっていた。しかしキム・ソナにとって歌とダンスは「好きなこと」で、プロとしてその道を極めたいと考えたのはその好きな歌とダンスではなく、「演技」だった。芸能界でどのように活躍したいのか紆余曲折悩んだ時期を越えて、今は演技者となることに強い覚悟と決心を持っている。これから活躍することが期待されている新人女優だ。

名前は両親がつけてくれた本名であり、同名の先輩女優については「尊敬している」としている。まだまだ駆け出しの彼女は自分の名前を知ってもらうよりも、ドラマのキャラクターの名前で覚えてもらうことが、今は女優としての喜びであると語っている。それだけ表現者として人々に印象付けたという結果であるからだ。

地方の島出身。方言が強かった

キム・ソナは巨済島(コジェド)という地方の島出身の女性である。巨済島(コジェド)といえば自然豊かで、韓国の避暑地として愛されている。

彼女自身も島の豊かな自然の中で育った自分には独特の感性があり、それが女優をするうえでの強みであると考えているようだ。一方で地方特有の韓国語の方言には苦労しており、演技の途中で指導されることも多いが、逆に「応答せよ1997」ではその方言が英雄でキャスティングされたりもした。

キム・ソナの主な出演作品

【ドラマ】
『応答せよ1997』(12)、『ブッとび!ヨンエさん シーズン13』(14)、『プロデューサー』(15)

【関連動画】キムソナ出演、ドラマ「プロデューサー」