明洞駅からスグ!ソウルタワーも見えるキレイなゲストハウスを紹介

編集部 編集部 | 

観光・ショッピングの目玉である明洞。韓国ソウル旅行では絶対にはずせませんよね。

そんな明洞で宿泊となると、お値段が気になる…という方も多いはず。たしかに、ここにはロッテホテル、ロイヤルホテル、スカイパークなど有名どころが集まっているエリアでもあります。

ですが、リーズナブル思考の旅行者向けのゲストハウスが多いんです。明洞エリアで私が宿泊したことのある中で1番キレイで快適だと思ったゲストハウスをご紹介致します。

明洞駅から出てすぐ!トマトゲストハウスのアクセス方法

地下鉄4号線「明洞」駅から徒歩3~5分。3番出口を出て左手に進みます。

The sameのSHINeeの大きな看板

右手にはパシフィックホテル、左手にはThe sameのSHINeeの大きな看板があるので、1度通れば覚えられます。パシフィックホテルからまたさらに10m程進むと、左手にコンビニのようなお店が。飲み物や野菜が売っています。そのお店の反対側を見てみると、階段の先に細い道が。その階段をのぼり、細い道を進んでいくと…到着。TOMATO GUEST HOUSEの看板があります。

トマトという名前だから、赤色の看板

トマトという名前だから、赤色の看板^^

ドアはオートロックで、「電話をして下さい」という電話番号が記載された紙が貼ってあります。でも電話で会話できる自信がなかったので、ノックして入れてもらいました。最初はフロントにスタッフがいなくて焦りましたが、運良く来てくれたので良かったです。不安な方や夜遅くの場合は、無料のピックアップサービスを利用してみてください。事前に予約をしておけば利用できます。

部屋の中は…?

気になる部屋の中ですが、建てたばかりなのかとてもキレイ。白を基調としている部屋だったので清潔感も抜群です。

白を基調としている部屋

水回りは、ゲストハウスクオリティ。可もなく不可もなしという感じです。バスタブがついていないバージョンでした。ですが、広々としていてトイレもシャワーも快適です。水圧や温度は調整にコツがいりますが、問題はありません。お湯が出なくなった!ということは3回宿泊した中で1度もなし。

ただ、1つ気になったのは、お部屋とシャワールームの隔たりが少し空いている点。シャワー中は部屋が湿気と床暖房で、プチサウナ状態です(笑)でも、そこまで気になりませんでした。さすが乾燥大国です。

シャワールーム

部屋の広さは、そこまでです。ツインでは、二人のスーツケースを広げたら足場が無くなります(笑)
二人で旅行にきた際は、片方がシャワー中に荷物整理をするのが○。

アメニティは、ドライヤーにタオル、シャンプー、ボディーソープ。歯磨き用のコップもありました。テレビ、空調もついています。チェックイン時にスタッフの方が部屋の説明もきちんとしてくれます。

二階へ行く階段は何故か人工芝生のようなものが引き詰めてありました。外なので真冬だと寒いと思います。行ったときは秋だったのでまだ寒くなかったのですが、雪の日とかはどうなのか気になります。

人工芝生

部屋の中の写真をまったく撮影しなかったのですが、ホテル予約サイトに沢山載っているので、そちらも参考にしてください。

そしてトマトゲストハウスは、朝ごはんの提供もあるのです。普通ゲストハウスだと、トーストやコーヒー、ゆで卵がセルフサービスで食べられる感じですよね。トマトゲストハウスも同じですが、野菜やフルーツ、コーヒー、牛乳、ジュース、パンなど種類が豊富!オシャレに盛られていました。

朝ごはん

朝からフルーツや野菜が食べられるのは嬉しいですよね。私はてっきり、トーストなどの簡易な朝食提供だと思って食べないで行ってしまったのですが…そのことをチェックアウト直前に知って、後悔しています。

スタッフの対応は…

日本のような、お客は神様というような考えは韓国には多分ないので、スタッフさんや店員さんって冷たいですよね(笑)

安いゲストハウスでも、たまーにそういう韓国風の接客をするところもありますが、トマトゲストハウスのスタッフの皆さんは笑顔でお出迎えしてくれます。

そして、3回宿泊した中、3回とも男性スタッフがチェックインを担当してくれたのですが、キャリーバックを部屋まで運んでくれました。そしてチェックアウト時には、階段の下まで荷物を運んでくれました。優男!

少し面白かったのが、夜遅くに帰ってきたら共有ラウンジで作業をしていたスタッフに「寒いからそこの扉閉めてくれますか?」と言われたことです。ゲストに扉閉めさせるのかい!しかもこんな寒いのに半袖だからだよ!とツッコミたくなりましたが、「추워~」って言いながら両腕をさすっているスタッフさんが可愛くて閉めてあげちゃいました。夜遅くまでお仕事お疲れさまです。

ちなみにスタッフは日本語ができません。もしものために、簡単な韓国語か英語のフレーズを覚えておくか、翻訳アプリをダウンロードしておくと安心です。

総合的に満足できるゲストハウスでした。近くにはカフェもありますよ。階段の下では、ソウルタワーも見えます。

ソウルへ旅行の際はぜひ参考にして下さい。

ソウルへ旅行

Other関連ブログ記事