spot

【韓国のマチュピチュ】アートの村「甘川文化村」はカラフルで可愛い写真スポット☆

マロ

マロ |  987PV

「甘川文化村」は、【韓国のマチュピチュ】と呼ばれるほど、とてもカラフルでフォトジェニックな街♡
釜山に行くなら必ず行ってほしい観光地です☆

アートの村「甘川文化村(カンチョンムナマウル)」とは??!!

甘川文化村(カンチョンムナマウル)

もともとは、朝鮮戦争よる避難民によって形成された集落です。釜山は山が多いため、家は階段式に建てられました。

2009年に東西大学のデザイン教授によるアートプロジェクトによって、村は現在のようなカラフルな姿に生まれ変わることに。

プロジェクトは政府からの助成金を得て進み、釜山のデザイナー、作家、大学生などのボランティアが壁画を描きペイントを行って村が完成したそうです。現在では国内外から旅行者が訪れる観光地となりました。

甘川文化村の雰囲気をご紹介

甘川文化村の雰囲気

坂道や階段が多いので歩きやすい靴で行くことをおすすめします。

村にはハンドメイド雑貨屋やお土産屋、カフェなどがあります。

甘川文化村の雰囲気

可愛いお花の壁画のカフェもありました。

まるで屋外の美術館♪

入場料もなく気軽に訪れることができます。まるで屋外の美術館♪迷路のような道を進んでいくのもとても楽しいです。

昔の韓国の制服や韓服をレンタルできるお店もあり、着替えて散策しても面白そうでした☆

韓国で流行のホットドックがありました。
入口付近のお店でチーズホットドックを1500ウォンでゲット♪

ホットドック

プサンと言えば有名な삼진어묵(サンジンオムッ)のお店も!

삼진어묵(サンジンオムッ)

ベーコン巻ちくわ(写真左)2500Wとチーズちくわ(写真右)1500Wも買ってみました。温めてもらえるのでアツアツです!チーズは熱さで溶けて中から出てきます♪

インスタ映えする!おすすめ写真スポット

①하늘 마루(ハヌル マル)展望台

①하늘 마루(ハヌル マル)展望台

1階は情報コーナーで、2階に上がると展望台があります。展望台からはマウルが一望でき、どこを撮ってもカラフルで可愛いです。
※ちなみに写真はアプリ「Foodie」のスパークリングモードを使ってパステル調に加工しています。

セルカ棒でも撮ってみました。上から撮ることで、人から撮ってもらうよりもマウルがよく映りました☆
①하늘 마루(ハヌル マル)展望台

②【カップル写真を撮るならココ】ラブラブカップルの壁画前で♥

ラブラブカップルの壁画前

カンチョンムナマウルには壁画がたくさんありますが、その中でもこちらはカップルの撮影スポットとして人気です。

場所は入口からずっと道なりに歩いていき、カーブを曲がって2分くらい歩くと左側にあります。

写真にも写っているように、建物の屋上には、韓国のカップルの聖地へ行くと必ずあると言っては過言ではない南京錠が。南京錠を買ってメッセージを書き、飾ることができます。

その時いた他のカップルは、ポッポしたりおんぶに抱っこしたりと恥じらいなく記念撮影していました。日本では人の目を気にしてしまうシャイな人も、韓国旅行では仲良くカップル写真撮るのもいいかもしれません♥

私たちも難易度の低い韓国カップル風のポーズで撮影にチャレンジ(笑)

ラブラブカップルの壁画前

③ラストショットは 하나되기 포트존(ハナテギ ポトゥジョン)で☆

③ラストショットは 하나되기 포트존(ハナテギ ポトゥジョン)で

人型のパネルにはカンチョンムナマウルの家の絵が描かれています。

パネルは何体かありますが、私が行った日は撮影スポットの中で最も賑わっており、順番待ちして撮影しました。

パッと見るとパネルの絵なのか風景なのか区別がつかないと思いませんか?
そのくらいマウルの風景はカラフルで可愛らしいんです。

ぜひみなさんもお気に入りの一枚を甘川文化村で撮ってみてください☆

アクセス方法

1.地下鉄+マウルバスで行く方法

土城(トソン)駅6番出口から出て右折。釜山大学病院がんセンター前バス停からバスに乗ります。
バスは마을버스(マウルバス)の1-1、2、2-1が甘川文化村へ行くバスです。※通常のバスより小さいバスでした。

2.地下鉄+タクシーで行く方法

土城(トソン)駅6番出口から出てタクシーを拾ってください。(シルバー色のタクシーが一般的なタクシーです。)
所要時間3分。初乗りが2800W。(2017.3月時点)

住所

釜山市沙下区甘川洞10-13
(プサンシ サハク カンチョンドン)
부산시 사하구 감천동10-13

Other関連ブログ記事